観音経のページ
トップページに戻る      お釈迦様の教え    聖語録

  般若心経   延命十句観音経   法華経妙法蓮華経如来寿量品偈解説

  坐禅のすすめ   普勧坐禅儀   仏教悩み相談室回答例

  律蔵   阿含経   本事経   華厳経   楞伽経   首楞厳経   維摩経




観音経

観音経は法華経(妙法蓮華経)の中の25品目にあるお経です。観音経には不思議な力があるといわれています。真の信心をもって観世音菩薩の名を一心に唱えたり、観音経を唱えるならば、すべての苦悩から解放され、また、よい子供が授けられるともいわれています。観音経の写経も功徳があります。観音経の現代語訳を掲載致しました。ふり仮名入りですので観音経を一度唱えてみてください。






観音経 (かんのんきょう )


(妙法蓮華経観世音菩薩普門品偈) (みょうほうれんげきょうかんぜおんぼさつふもんぼんげ )

世尊妙相具 我今重問彼 佛子何因縁 名為観世音 (せーそんみょうそうぐー がーこんじゅうもんぴー ぶっしーがーいんねん みょういーかんぜーおん ) (その時、無尽意菩薩がお釈迦様に対して尋ねました。) 世尊は完全な徳を具えられ、その徳が相に現れています。私は重ねてお尋ねしますが、お釈迦様のお弟子であり、佛子である観世音菩薩はどのような因縁があって、観世音と名づけられるのでしょうか。
具足妙相尊 偈答無盡意 汝聴観音行 善応諸方所 (ぐーそくみょうそうそん げーとうむーじんにー にょーちょうかんのんぎょう ぜんのうしょーほうじょー ) 立派な相を具えられているお釈迦様は偈(詩)をもって無尽意菩薩に言われました。
汝よく聞くがよい。観世音菩薩の修行は色々な人の境遇や事情に合わせて諸々の方便でもって三十三身に変化して一切の人を救ってきた。
弘誓深如海 歴劫不思議 侍多千億佛 発大清浄願 (ぐーぜいじんにょーかい りゃっこうふーしーぎー じーたーせんのくぶつ ほつだいしょうじょうがん) その海のような深い誓願は、普通の人が非常に永い間考えても考えきれないほどである。大勢の仏様のもとで修行し、このような大清浄の誓願を起したのである。
我為汝略説 聞名及見身 心念不空過 能滅諸有苦 (がーいーにょーりゃくせつ もんみょうぎゅうけんしん しんねんふーくうかー のうめっしょーうーくー ) 私(お釈迦様)は汝のために簡単に説こう。観世音の名を聞き、観世音の姿を見て、観世音を念じて(観世音の慈悲の行いを見たり、その徳を心で念じる)空しく過ごさなければ、諸々の苦しみを滅ぼすことができるであろう。
假使興害意 推落大火坑 念彼観音力 火坑変成池 (けーしーこうがいいー すいらくだいかーきょう ねんぴーかんのんりき かーきょうへんじょうち) たとえ誰かが害をあたえようと火の燃えている大きな坑(あな)に突き落とされようとしても、かの観世音菩薩の力を一心に念じるならば、火坑も変じて池となるであろう。
或漂流巨海 龍魚諸鬼難 念彼観音力 波浪不能没 (わくひょうるーこーかい りゅうぎょーしょーきーなん ねんぴーかんのんりき はーろうふーのうもつ ) 或いは、大海に漂って、竜や魚や諸々の鬼が自分を害するようなときでも、かの観世音菩薩の力を念じるならば、波の中に溺れ沈むことはない。
或在須弥峰 為人所推堕 念彼観音力 如日虚空住 (わくざいしゅーみーぶー いーにんしょーすいだー ねんぴーかんのんりき にょーにちこーくうじゅう) 或いは、須弥山の高い山の上で、誰かに突き落とされるようなときでも、かの観世音菩薩の力を念じるならば、太陽のように虚空に住するであろう。
或被悪人逐 堕落金剛山 念彼観音力 不能損一毛 (わくひーあくにんちく だーらくこんごうせん ねんぴーかんのんりき ふーのうそんいちもう) 或いは、悪人に追われて金剛山から落とされようとしても、かの観世音菩薩の力を念じるならば、毛筋一本でも害を与えることはできない。
或値怨賊繞 各執刀加害 念彼観音力 咸即起慈心 (わくちーおんぞくにょう かくしゅうとうかーがい ねんぴーかんのんりき げんそくきーじーしん) 或いは、心に怨みを抱く悪い者が周りを囲み刀で害を加えようとしても、かの観世音菩薩の力を念じるならば、その者達がかえって慈悲の心を起して害を加えることはないであろう。
或遭王難苦 臨刑欲寿終 念彼観音力 刀尋段段壊 (わくそうおうなんくー りんぎょうよくじゅーしゅう ねんぴーかんのんりき とうじんだんだんえー ) 或いは、政治上の迫害に遭って処刑されて寿命が終わってしまうという時でも、かの観世音菩薩の力を念じるならば、首を斬ろうとした刀がばらばらに折れるであろう。
或囚禁枷鎖 手足被械 念彼観音力 釈然得解脱 (わくしゅうきんかーさー しゅーそくひーちゅうかい ねんぴーかんのんりき しゃくねんとくげーだつ) 或いは、鎖で牢に繋がれ、手かせ足かせをつけられても、かの観世音菩薩の力を念じるならば、それが取れて身体が自由になるであろう。
呪詛諸毒薬 所欲害身者 念彼観音力 還著於本人 (しゅうそーしょーどくやく しょーよくがいしんじゃー ねんぴーかんのんりき げんじゃくおーほんにん) 或いは、呪いや毒薬のために害されようとしても、かの観世音菩薩の力を念じるならば、返ってその呪いや毒薬は使用とした本人が害を受けてしまうことになるであろう。
或遇悪羅刹 毒龍諸鬼等 念彼観音力 時悉不敢害 (わくぐうあくらーせつ どくりゅうしょーきーとう ねんぴーかんのんりき じーしつぷーかんがい) 或いは、悪鬼や毒蛇に出遭っても、かの観世音菩薩の力を念じるならば、害されることはないであろう。
若悪獣圍繞 利牙爪可怖 念彼観音力 疾走無邊方 (にゃくあくじゅういーにょう りーげーそうかーふー ねんぴーかんのんりき しっそうむーへんぽう) 或いは、悪獣に取り囲まれて鋭い爪や牙などで迫ってきても、かの観世音菩薩の力を念じるならば、たちまち遠方に行ってしまうであろう。
蛇及蝮蠍 気毒煙火燃 念彼観音力 尋聲自回去 (がんじゃーぎゅうふっかつ けーどくえんかーねん ねんぴーかんのんりき じんしょうじーえーこー ) 或いは、トカゲ、蛇、マムシ、さそりのような毒虫が毒を出し迫ってきても、かの観世音菩薩の力を念じるならば、その声にしたがって逃げ去っていくであろう。
雲雷鼓掣電 降雹大雨 念彼観音力 応時得消散 (うんらいくーせいでん ごうばくじゅ-だいう-  ねんぴーかんのんりき おうじーとくしょうさん) 或いは、雷が太鼓のように鳴り響くとか、稲妻が光るとか、雹(ひょう)が降ってくるときでも、かの観世音菩薩の力を念じるならば、たちまち静まって害をうけることはないであろう。
衆生被困厄 無量苦逼身 観音妙智力 能救世間苦 (しゅ-じょうひーこんやく むーりょうくーひっしん かんのんみょうちーりき のうぐーせーけんくー) 大勢の人びとが色々な困難に遭い、そのはかりしれない苦しみが身に迫ってきた時、観世音菩薩の最も優れた不思議な智慧の力(観音さまは菩薩の行を積んだ結果として仏さまと同じ智慧の力をもたれている)によって、大勢の人を世間の苦しみから救っているのである。
具足神通力 廣修智方便 十方諸国土 無刹不現身 (ぐーそくじんづうりき こうしゅーちーほうべん じっぽうしょーこくどー むせつふーげんしん) 観世音菩薩は神通力を具えて、広く方便の智慧を修めており、十方の諸々の国土にその姿を現さない所はないのである。
種種諸悪趣 地獄鬼畜生 生老病死苦 以漸悉令滅 (しゅーじゅーしょーあくしゅー じーごくきーちくしょう しょうろうびょうしーくー いーぜんしつりょうめつ) 観世音菩薩は色々な悪趣におもむき、地獄、餓鬼、畜生、生老病死の様々な苦しみを次々救っていくであろう。
真観清浄観 廣大智慧観 悲観及慈観 常願常 (しんかんしょうじょうかん こうだいちーえーかん ひーかんぎゅうじーかん じょうがんじょうせんごう) 観世音菩薩は煩悩のない清浄なものの観方で、真実のことを観極め、広大な智慧と大悲観と大慈観が具わっている。汝らも常にそのようになるように仰ぎ願うようにしなければならない。
無垢清浄光 慧日破諸闇 能伏災風火 普明照世間 (むーくーしょうじょうこう えーにちはーしょ-あん のうぶくさいふうかー ふーみょうしょうせーけん) 観世音菩薩は少しの汚れもなく清浄の光を放っているので、その広大な太陽のような智慧で諸々の闇を破り、世間の災いも苦しみも普く照らし救っていくのである。
悲體戒雷震 慈意妙大雲 甘露法雨 滅除煩悩 (ひーたいかいらいしん じーいーみょうだいうん  じゅーかんろほううー めつじょぼんのうえん) 仏の授ける戒(殺してはいけない、盗んではいけない、嘘をついてはいけない等の戒律)は、一切の人を救いたい、一切の人を凡夫の境界から離れさせて仏と同じ安穏な境界にならせてあげたいという大悲心からでている。観世音菩薩は仏と同じ大悲心をもっているので、その戒は雷のように大きな力をもって人々を戒めるが、それは大悲心が本体である。また大勢の人を救いたいという大きな慈悲心は大空一面に覆う雲のように汝らの上に降り注ぎ、その慈悲と智慧に感化されて汝らの迷いのもとである煩悩もなくなっていくのである。
諍訟経官処 怖畏軍陣中 念彼観音力 衆怨悉退散 (じょうしょーきょうかんじょー ふーいーぐんじんちゅう ねんぴーかんのんりき しゅうおんしったいさん) もし、他人と争いを起して裁判を受けたり、戦いが起こってお互いに恐ろしい目に遭う時でも、かの観世音菩薩の力を念じるならば、色々な敵も退散してしまうであろう。
妙音観世音 梵音海潮音 勝彼世間音 是故須常念 (みょうおんかんぜーおん ぼんのんかいちょうおん しょうひーせーけんのん ぜーこーしゅーじょうねん) 観世音菩薩は、あらゆる人々の心の発する音にしたがってそれぞれに適切な優れた教え(妙音)を説く。その優れた教えは煩悩のなくなった清浄な心(梵音)で、すべての人々の心に海の音が響くように伝わっていく。世間を超越した仏や菩薩は世間の人々の迷いを取り除く教えを与えているのである。この故に常に観世音菩薩を心に念じて、
念念勿生疑 観世音浄聖 於苦悩死厄 能為作依怙 (ねんねんもっしょうぎー かんぜーおんじょうしょう おーくーのうしーやく のういーさーえーこ) 一瞬たりとも観世音菩薩を疑ったりしてはいけない。観世音菩薩は心が清浄な聖者であり、人々が苦しみや悩み、死などに出遭った時に心の頼りとなるのである。
具一切功徳 慈眼視衆生 福聚海無量 是故応頂礼 (ぐーいっさいくーどく  じーげんじーしゅーじょう ふくじゅーかいむーりょう ぜーこーおうちょうらい) 観世音菩薩は一切の功徳を具えており、すべての人々を慈悲の眼で温かく見守っているのである。一切の人々を救おうという大慈悲心の功徳は海の水のように無量である。この故に、まさに一心に礼拝して汝らの模範とせよ。
爾時 持地菩薩 即従座起 前白佛言 世尊  (にーじー じーじー ぼーさー そくじゅうざーきー ぜんびゃくぶつごん せーそん ) その時、持地菩薩という菩薩様が座より立ち上がってお釈迦様に申し上げました。
若有衆生 聞是観世音菩薩品 自在之業   (にゃくうーしゅーじょう もんぜーかんぜーおんぼーさっぽん じーざいしーごう  ) もし人々が今お釈迦様が説かれた観世音菩薩の自由自在の慈悲の働きと、
普門示現 神通力者 当知是人 功徳不少   (ふーもんじーげん じんづうりきしゃー とうちーぜーにん くーどくふーしょう  ) どんな人も見放さず相手に応じて自らその前に現れて教えを与える神通力について聞いた功徳は非常に大いなるものです。
佛説是普門品時 衆中八萬四千衆生  (ぶっせつぜーふーもんぼんじー しゅーちゅうはちまんしーせんしゅうじょう ) お釈迦様がこの観世音菩薩のお話をされた時に、
皆発無等等 阿耨多羅三藐三菩提心  (かいほつむーとうとう あーのくたーらーさんみゃくさんぼーだいしん) その場にいた八万四千人の人々は皆、一番勝れた最高の悟りの心を起しました。

【管理人訳】













広告 [PR]  再就職支援 冷え対策 わけあり商品 無料レンタルサーバー